板橋 亜永未いたばし あとみ

メディア事業部門 編成制作部 
編成第一チーム

2013年入社

現在の仕事内容

メディア事業部門では衛星放送の「スカパー!」や「J:COM」に代表されるCATV、IP放送のひかりTV等で視聴可能な「映画・チャンネルNECO」と「レインボーチャンネル」という2つのチャンネルと、2018年1月30日に開局したインターネット専門チャンネル「MEN’S NECO」を運営しています。
私が所属する編成第一チームでは、「映画・チャンネルNECO」の編成・宣伝業務を行っております。

「映画・チャンネルNECO」は視聴者の方々から視聴料を頂いて運営する有料多チャンネルのため、「加入件数×視聴料単価」が売上となります。
私の主な業務は、視聴料単価の算定基準となる視聴率の向上を目指し、編成担当者が調達してきた作品にあわせた宣伝プランを検討し、実行することです。その他、各媒体への広告出稿やキャンペーンの企画など、加入件数を増やす施策を実施しています。

また、「映画・チャンネルNECO」では加入者様向けに最新映画の試写会や出演者トークショー付きの旧作上映会を実施するイベント運営にも力を入れており、イベント開催に向けた関係者との調整や台本・スケジュールの作成、イベント当日の運営なども担当しております。
イベントは直接視聴者の方と接することの出来る数少ない機会であり、大切にしている仕事の一つです。

思い出深い仕事・仕事のやりがい

入社1年目に、私の好きな某ミュージシャンのドキュメンタリー映画に携わる機会がありました。第一に好きなミュージシャンと仕事で関われることを嬉しく思いましたし、海外で開催するライブに同行し撮影の補助をしていたので、会場に来ていたどのお客さんよりも間近で演奏を観られたことにとても興奮したことを覚えています。
思い出に残っている理由はこれだけではありません。何より、この作品は初めて私の名前がエンドロールに載った作品であり、かつ私が関わった作品の中で初めて公開されお客様の目に触れた作品でもありました。新入社員であった私の作品への貢献度は本当に微々たるものであったとは思いますが、ほんの少しでも関わった作品が公開され、それをお客様が観て「最高だった」「感動した」等という感情を抱いてくださったことに大きな喜びを感じましたし、映画を作って売る日活という会社に入って良かったと実感した瞬間でもありました。この時の喜びはこの日活という会社で働いていく限り、胸の中のどこかに大事に持ち続けていきたいと思っています。

学生に伝えたい「日活の魅力」

担当業務の立場からすると、チャンネルを運営している部署と映画の製作や配給、番販等を行う部署が一つの会社にあることが日活の魅力のひとつだと考えております。
以前、取引先が所有するイベントスペースにおいて、「映画・チャンネルNECO」主催で映画の公開記念イベントを開催した際、劇中衣装の展示や作品にまつわるクイズ大会、監督のトークショーなどを実施し、ご来場されたたくさんの方々にお喜び頂けました。
このように内容の濃いイベントを実施することができたのも、日活ならではだったと考えています。

学生へのメッセージ

日活は今年で創立106年を迎える歴史の古い会社ではありますが、挑戦者に寛容で強い意志を持つ者にはチャンスを与えてくれます。
私が日活という会社を志したのもそういった社風に魅かれたからです、今でもこの社風に非常に魅力を感じています。
ぜひ皆さんも日活という会社でチャレンジしてみてください!

一日の流れ