社員紹介


社員紹介

平岡 祐子

平岡 祐子ひらおか ゆうこ

配給事業部門
配給宣伝部
営業チーム

2018年入社

自己紹介

学生時代は映画会社でアルバイトをしていました。
映画自体も好きですが、映画会社で働く人たちへの憧れもあってこの業界を選びました。
趣味は観劇です。以前は1人旅でニューヨークに行き、ブロードウェイで6本観劇したりしていました。
今は謎解きや脱出ゲーム、マーダーミステリーなどにハマっています。

現在の仕事内容

配給宣伝部で映画宣伝の業務に携わっています。
配給宣伝には、作品と劇場を繋げる「配給」の仕事と、作品とお客様を繋げる「宣伝」の仕事があります。
その中で、私は「宣伝」の仕事を担当し、現在は宣伝デスクと宣伝プロデューサーのアシスタント業務を担当しております。
具体的な仕事内容はポスター、予告編の作成から舞台挨拶などのイベント周り、取材など幅広くお客様に映画を届けることです。
また、企画編成部のプロデューサーや版権営業部のメンバーとのやり取りも多いので、連携して業務にあたっています。
まだ異動して日が浅いのですが、幅広く業務に携わることで刺激的な日々を送っています。

仕事のやりがいや大切にしていること

基本的なことですが、仕事をする上で大切にしていることは「丁寧さ」です。
映画を製作し、宣伝、公開するまでには、たくさんの人が関わっています。そうした関係者の想いを繋げていくという意味でも、取り扱う作品1つ1つに丁寧に向き合うことが大切だと思っています。とは言え、私自身、緻密な作業がそれ程得意なわけでもなく...自分の苦手克服期間だと思って日々の業務に取り組んでいます。

学生に伝えたい「日活の魅力」

多種多様な業務に携われる点だと思います。
宣伝の仕事をしながら営業などの仕事を近くで学べる近い環境というのも他社ではあまりないことだと思います。これは私に限ったことではなく、社内には自分のポジション以外にも幅広いフィールドで活躍している人もたくさんいます。
それと、若手の意見に耳を傾けてくれる点は魅力の1つですね。
毎年の新卒採用人数もそれほど多くはないので、それぞれの性格や特長を理解した上で、丁寧に向き合ってもらっているように思います。

就活生へのメッセージ

映画会社で活躍している人の共通点として、自分の「好き」を大事にしながら、周囲の意見を受け入れることができる柔軟なタイプの人が多いような気がします。会社に入ればチームで動くことも多いです。
自分の軸が見つかったら、学生のうちにたくさんの価値観に触れ、引き出しを増やしておくといいと思います。
就職活動をしていると上手くいかずに投げ出したくなることもあると思いますが、後悔のないように頑張ってください。
たまには息抜きに好きなことを思いっきりするのもいいと思います!