社員紹介


社員紹介

川庄 健人

川庄 健人かわしょう けんと

映像事業部門
企画編成部
企画チーム
 

2019年入社

自己紹介

最近車を買いました。自分の年齢と同じくらいの年式で手がかかるボロ車です。最近休みの日は普段はいかない遠くの映画館にドライブついでに行ったりしています。

現在の仕事内容

作品の予算管理や契約書の作成・確認・交渉などを担当する制作管理や、同じ部署に所属するプロデューサーのサポート業務を行っています。多数の作品の企画から二次利用まで、ありとあらゆることに対応する多忙なプロデューサーにとって、社内外でのやり取りなど潤滑油的な存在になれるよう日々努力しています。
また、上長・先輩プロデューサーに相談したり、意見をもらいながら、自身でも企画提案・開発も行っています。第一線で活躍しているプロデューサーにアドバイスをもらえる貴重な環境で、どんな映画がヒットするのか、面白がってもらえるのか、どのようにビジネスを組み立てるのか、などなど毎日勉強しています。

仕事のやりがいや大切にしていること

完成までにたくさんの人が関わって、たくさんの人に届く映画だからこそ、丁寧にコミュニケーションを取りながら、仕事を進めるように意識しています。制作側、売る側、そして管理側など、立場の違う人とはコミュニケーションが行き違うこともありますが、しっかりと連携できていい作品ができた時の喜びは何にも代えがたいものがあります。

現在の仕事でチャレンジしていること、新たに取り組みたいと思っていること

まずは、プロデューサーとして自分の名刺代わりになる作品を製作することです。
まだまだ勉強中の身ですが、自分の感性と世間で何が求められているのかを天秤にかけながら、たくさんの才能ある人たちと面白い作品を協力して作っていければと思います。作品を観てくれた人たちが喜んでくれて、自分でも自信を持って「いい作品ができた」と思えたら、最高ですね!

学生に伝えたい「日活の魅力」

若手でもやりたいことに自由にチャレンジできる環境だと思います。
例えば、私は今の部署に来る前は撮影所事業部に所属していました。入社当時からプロデューサー志望だったこともあり、上司に相談してジャンゴフィルム(日活の子会社の制作プロダクション)の制作現場に制作部として参加させてもらったり、時にはプロデューサーが在籍している企画編成部へ企画書を提出して在籍部署が違うにも関わらず、社内の企画会議に参加させてもらったこともありました。企画編成部に異動した今でも、プロデューサー経験のない自分でも作品を任せてもらえる点は恵まれた環境だな、と感じています。
やりたいことに手を挙げたことに挑戦させてくれる部分は、若手社員にとって非常に大きなメリットだと思います。

就活生へのメッセージ

就活していると「好きなことは仕事にしない方がいい。」とよく聞きますが、私は絶対に“好き”という熱源を追い求めるべきだと思います。どんな職業に就くのか、無限の道があります。自分の感性と本音を大切に、あまり思い悩まず頑張ってください!