吉原 諒よしはら りょう

映像事業部門 企画編成部
  

2015年入社

自己紹介

2015年入社の吉原です。大学ではミャンマー語を専攻、アメフト部に所属していました。
趣味は映画観賞、服、たまにトレーニングです。
最近お酒のおいしさがわかり始めてきました。

現在の仕事内容

企画編成の契約書等の作成が主な業務ですが、他にもプロデューサーの方に頼まれた業務も行っています。私自身の役割は「企画編成部のなんでも屋」だと思っています。
まだまだ役割を全うできているとは思いませんが、様々な業務を行いながら映画製作の土台の部分を日々学んでいます。

仕事のやりがい・大切にしていること

映画会社にいると「本を読む」「映画を観る」ということが仕事に対する"勉強"になるということが一番面白いと思います。
先輩達は、数多くの本を読み、映画を観ているので、その情報量(もちろん好きでやっていることだと思いますが)は「いつそんなに観ているんだろう」と
驚嘆するばかりです。

仕事をするにあたり大切にしていることは「全てトレーニングだと意識する」ことです。
担当する業務が企画製作の流れのどの位置に当たるのか、何故その業務が必要なのかということを意識して行うように心がけています。

困難に直面したこと、失敗したこと

主要業務である契約書の締結が締切日にあわや間に合わないという事態に直面したことがありました。
その時は、自身の作成したスケジュールに余裕で間に合うだろうと思って業務を進めていたのですが、まったく予定通りにいきませんでした。結局上司に相談し、解決策を教えてもらって、なんとか間に合わせることが出来ました。

契約書業務は一人では行えず、締結先の相手はもちろん日活内でも多くの人に確認・捺印してもらいようやく締結することが出来ます。
自分だけでなく関係するすべての方の予定を把握して仕事を行わなければならないという教訓を学んだ経験でした。

現在の目標、将来の目標

「現在の目標」は自身の出した企画で収益をあげたいということです。

そして「将来的にやってみたいこと」は2つあります。
1つは「映画の外へ」を体現するビジネスを日活で起こすこと、もう1つは日活で何かプラットフォームを持ち現在の事業以外での収入源を作ることです。
私は、佐藤社長の「老舗の皮をかぶったベンチャー企業」、「日本の外へ、映画の外へ」という言葉に惹かれて入社を決めた人間ですので、この言葉を常に胸に置いて考え実行していきたいですね。

学生へのメッセージ

皆さんはこれから40年以上の社会人生活が始まります。
この40年を何をして過ごしたいか、ということに焦点を当てて就職活動を行うのは1つの考え方としてアリではないかと思います。
自身のやりたいこと、会社に求めるものを吟味して、理想の会社にアプローチしてください。
私は大学時代に部活動くらいしかしていなかった人間ですが、もしお話しをという方がいらっしゃいましたら力になれればと思っています。

※2017年3月1日より【管理部門 総務人事部 総務チーム】に異動