結城 未来ゆうき みく

映像事業部門 配給宣伝部

2015年入社

現在の仕事内容

入社後、最初の一年間は現場での研修が続きました。「劇場」、「撮影所」、「国際事業部」、「テレビの情報番組の現場」を経験し、浴びる様に勉強しました。

現在は、配給宣伝部で、映画(邦画)宣伝の裏方業務を担当しています。映画の宣伝の為に、ポスターやチラシを作ったり、ホームページやSNSを運用する仕事です。基本的には、プロデューサーが、社内外のデザイナーに細かく指示して発注するのですが、そのアシスタントをしています。

「試写会」や「舞台挨拶」の準備という仕事もあります。
俳優さんにお会いしたり、お話しを伺ったりできるので、一見華やかに見える仕事ですが、その前段階では、多くの業務があり、本番で事故が無いように準備する必要もあるので、決して甘い仕事では無いことを実感しています。

仕事のやりがい・大切にしていること

何か月もかけて準備し、宣伝してきた作品が公開を迎えた時に、観客やメディアの反応を実感できることが大きな醍醐味です。
裏方の仕事は、とても地味で大変ですが、その積み重ねで、公開を迎えた時が達成感に包まれる瞬間です。
今後はプロデューサーとして、観客の心や人生を豊かにする作品を手掛けていきたいですね。

学生に伝えたい「日活の魅力」

日活は、老舗なので、映画の歴史を身近に感じることができます。
また、200人規模の会社のため、業務を通じて会社の持つレーベルや会社自体のイメージのブランディングに、社員の多くが多方面から関わることができています。

また、映画だけでなく衛星放送や海外展開等の業務も少数精鋭で進めていますので、どの部署に配属されても、鍛えられる環境にあると思います。

学生へのメッセージ

面接では緊張のために自分を出せないこともあると思います。
そのような時に、何か自分を出せる工夫があればいいと思います。
私の場合、最終面接(社長面接)で緊張しないように、社長の写真を携帯の待ち受け画面にして、毎日見ていました。すると、社長が、親戚のオジサンみたいに思えてきて、最終面接は、社長の前でもリラックスして臨めました(笑)。
自分の好きな事、興味がある事を基準に企業選びをしてもいいかもしれません。
好きな事を全力でできる環境に身を置いて、チャレンジして欲しいです。

一日の流れ